即日融資

お金を借りる方法 即日融資できる会社Best3〜フリーターもOK!

世の中には「お金をいくら使っても使い切れない」というセレブな方もいるかもしれませんが、大半の方は限られたお給料の中でやり繰りをしているのが現状ではないでしょうか?

そういった中で「友人の結婚が立て続けに・・・」といった良い事であってもタイミング次第でお金に困ってしまうということはありえます。

そんな時にお金を借りたい場合、どういった方法が最善か考えてみましょう。

>>今日お金を借りられるカードローン

友人・知人からお金を借りる

食事代やタクシー代くらいの貸し借りは友人同士や会社の同僚などでも珍しいことではないでしょう。小額であれば貸し借りではなく「奢る」こともあるかもしれません。

しかし、例えば「10万円くらいのまとまった金額をある程度の期間借りる」となると、ちょっと話は違ってきます。

10万円となると貸す側にとって生活に影響するかもしれないような金額です。また、「お金を借りる=お金に困っている」ことになりますので、その時点で「ひょっとしたら返ってこないかも」と長年の友人であってもちょっと疑ってしまうかもしれません。

友人・知人からお金を借りるメリットとしては、利息などのルールを決めずに気軽に借りることが出来る場合もあるので、借りる側としては都合がいいかもしれません。

デメリットとしては完全に返済するまで、友人関係がぎくしゃくしてしまう可能性があるということです。

市町村からお金を借りる

お金に困っている状況であれば、生活福祉資金貸付制度も含めて検討したいものです。

生活福祉資金貸付制度は、お住まいの地域の市町村社会福祉協議会で申込み手続きができます。

対象となるのは、基本的に、

・低所得者世帯
・障害者世帯
・高齢者世帯

に限定されます。つまり、「個人」に貸付けをするのではなく「世帯」が対象となるため、世帯所得など「一定の条件をクリアしなければならない」、「提出する書類が多い」、「貸付けまでに時間がかかる」というのが特徴です。

基本的な利用の流れとしては、

・民生委員や市町村社会福祉協議会に相談
・必要な書類の確認・準備
・市町村社会福祉協議会に申し込み
・審査
・契約(各種書類の提出)
・貸付の実施(銀行口座に振り込まれる)

といった流れになります。

金利は民間の金融機関に比べればかなり抑えられたものになり、お金に困っている方には非常に良い制度といえます。

しかし、逆にある程度の所得がある方は利用できない可能性が高いということもありますし、「普段の生活は問題ないが、短期間でいいのでまとまったお金を借りたい」、「必要なときに必要な分だけ借りたい」という方には向いていない方法といえるでしょう。

クレジットカードを利用して現金化

「クレジットカードのキャッシング枠は使い切った」、または「もともとキャッシング枠が無い」という方でもショッピング枠ならまだ利用できる場合もあるでしょう。

クレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を手に入れるという方法があります。一般的にこれを「クレジットカードの現金化」といいます。

<クレジットカードの現金化とは>
クレジットカードの現金化にはいくつか種類がありますが、インターネットのサイトなどから、現金化の業者が指定する商品を購入し、指示に従えば、お金を銀行口座に振り込んでもらえるというパターンが多いです。

具体的には例えば、10万円の商品をクレジットカードで購入すれば、8万円の現金が手に入るといったようなものです。

現金化の業者にこの8万円を返す必要はありません。ですので「借金じゃない」、「手軽で便利」と思ってしまう方も多いのです。

<結果的に大きな負担に>

8万円を受け取ったその時点では「助かった」という状況になるかもしれませんが、後々10万円をクレジットカード会社に支払わなければなりません。

仮に10万円を一括で支払ったとしても、8万円を借りるために2万円の利息を支払っているようなものです。例えば、金利18%の消費者金融で8万円を30日借りたとしても、利息は(8万円x18%÷365x30日=)1,183円です。総額83,383円払えば済むのです。

クレジットカード会社に対する10万円の支払いを「リボ払い」にすれば、さらに利息の負担は大きくなります。

<クレジットカード現金化は利用規約違反>

クレジットカードの現金化は「お金を借りている」と考えた場合、貸金業法が定める金利の上限をとんでもなく上回るものになります。

お金を実際に貸しているわけではないので、インターネット上では堂々と運営されています。しかし、法的にはグレーに近いものであり、実際に逮捕の事例もあります。

利用者側は法に触れる行為をしていることにはなりませんが、こういった利用を繰り返していけば、クレジットカードのショッピング枠がすぐに上限に達してしまう危険性があります。

また、クレジットカードでは利用規約の中で「換金目的での利用」を禁じていますので、違法行為でなくでも利用規約違反にはなります。そうなればクレジットカードの「利用停止」や「一括での全額支払い」などの処分になるので、そういった点でも利用者にメリットはあません。

クレジットカードの現金化は決しておすすめできる方法とは言えないのです。

カードローンで借りる

上記の3つの借り方でのデメリットを踏まえると、カードローンを利用するのが最善の方法といえるかもしれません。

カードローンを利用すれば・・・

・友人関係に悪影響を及ぼさない
・手続きが簡単で、比較的誰でも利用できる
・法で定められた金利内で借りることができる

といったメリットがあるのです。

<カードローンの基本的な特徴>

・安定した仕事をしていれば、借りられる可能性が高い
・ATMなどから利用限度額内で自由に借りることができる
・金利は実質年率18.0%以下
・申込みから早ければ即日で借りられる

[安定した仕事をしていれば、借りられる可能性が高い]
カードローンは生活福祉資金貸付制度のように低所得者でなくてもお金を借りることができます。申し込みをしてから審査はありますが、正社員、自営業者、パートやフリーターの方などさまざまな方が申込みできます。

[ATMなどから利用限度額内で自由に借りることができる]
カードローンはコンビニや銀行などのATMから借りる方法と、自分の銀行口座に振込みをしてもらうといった方法でお金を借りることができます。

いずれの方法でも、例えば利用限度額が20万円であれば、「最初に10万円借りて、返済する前にさらに5万円、3万円・・・」と20万円までは自由に追加で借りることができます。

こういった借り方を友人から行えば「あれ?今いくら貸してたっけ?」となり、トラブルになるのは目に見えています。

[金利は実質年率18.0%以下]
貸金業法では、

・10万円未満の融資で20%以下
・10万円〜100万円未満では18%以下
・100万円以上で15%以下

と、融資する金額に対して金利の上限が定められています。クレジットカード現金化のように「よくよく考えたらとんでもない高金利でお金を借りてた」という状態になる心配は要りません。

大手のカードローンであれば、10万円以上の利用が想定されているので、18%以上の金利を設定しているケースはほとんどありません。

返済期間が何年にもなれば話は別ですが、短期間での利用であれば、利息の負担はそれほど大きくないというのもカードローンの特徴です。

[申込みから早ければ即日で借りられる]
カードローンもいろいろあり、スピーディーな対応をしてくれるカードローンであれば申し込んだその日から利用できる場合もあります。必要なものも、本人確認書さえあれば申込みできるケースも多く、準備もほとんど必要ないのが特徴です。

カードローンの種類

カードローンには大きく分けて「銀行系カードローン」と「消費者系カードローン」の2種類あり、それぞれで特徴が異なります。

[銀行系カードローンの特徴]
・金利が消費者金融系カードローンよりもやや低い場合が多い。
・カードローンを利用するためには、その銀行の口座が必要な場合もある。
・土日や祝日、夜間には申込み手続きができない場合が多い。
・消費者金融系カードローンよりも審査が厳しい傾向がある。

一般的に「お得なカードローン」といえば銀行系カードローンを連想する方も多いです。消費者金融系カードローンが最大金利18%くらいが多いのに対し、例えばメガバンクのカードローンであれば最大で14%台といった違いがあります。

また、カードローンを利用するには、その銀行の口座が必要な場合もあり、なければ口座を開設してからになるので、利用までに2週間以上かかる場合もあります。

土日や祝日、または夜間でもインターネットから申し込みができますが、審査や契約などの手続きは平日の銀行営業時間のみとしているカードローンも多いです。実際に借りるまでに消費者金融系カードローンよりもやや時間がかかる可能性が高いのです。

[消費者金融系カードローンの特徴]

・金利が銀行系カードローンよりもやや高い場合が多い。
・カードローンを利用するにあたり、銀行口座を新たに開設する必要がない。
・土日や祝日、夜間でも申込みから契約、実際に借りることまで可能な場合が多い。
・比較的柔軟な対応が期待できる。

消費者金融系カードローンであれば、土日や祝日でも平日と同じように営業をしていて、審査や契約の手続きまですべて即日に完結できる可能性が高いです。

また、無人契約機のあるカードローンを申し込めば、土日や祝日、夜間でもカードを受け取ることができるので、より即日に利用できる可能性が高いです。

カードローンには必ず審査がある

どのカードローンでも審査があり、必ず「利用できる人」と「利用できない人」が存在することになります。

申込み対象者は、銀行系カードローンも消費者金融系カードローンも大きな違いはありませんが、銀行系カードローンのほうが審査が厳しく通過しにくいと言われています。

審査に通過できなければ、結果としてお金を借りることができません。より確実に利用したいということであれば、消費者金融系カードローンの方に申込んだ方がよいでしょう。

おすすめの消費者金融系カードローン

テレビのコマーシャルでおなじみなので、すでにご存知かもしれませんが、以下が人気の消費者金融系カードローンになります。

いずれも無人契約機があり、借入れまでスピーディーに行うことができ、審査にも通過しやすいといわれているカードローンです。

・アコム
プロミス
モビット
・アイフル

銀行系と消費者金融系でそんなに利息に差が出るのか?

メガバンクのカードローンでは最大の金利は14%台、上記の消費者金融系カードローンは18.0%(プロミスは17.8%)になります。だいたい4%くらいの金利の差がありますが、実際にこれは大きな差なのでしょうか?

カードローンで30万円を30日間借りた場合の4%の利息を計算してみました。

30万円x4%÷365x30日=986円

だいたい、千円弱の違いがあるということです。

単純に金利だけを考えれば、銀行系カードローンの方がお得ということにもなりますが、実際にカードローンを使えば、もっと長期的な返済になる可能性が高いのです。

どんなに金利の低いカードローンを選んだとしても、「月々の返済額」が少なければ、借りている期間が長くなるので、利息の負担はどんどん大きくなってきます。

お得にカードローンを利用するということは「金利の低いカードローンを選ぶ」ということよりも「出来るだけ多く返済し、なるべく早く完済する」ということが重要なのです。

無利息期間のあるカードローン

「なるべく早く完済する」ということと合わせて「無利息期間」があるカードローンを選べば、利息の負担はよりいっそう軽いものになります。借りている期間が短いほど、銀行系カードローンよりもお得になります。

代表的な無利息機関のあるカードローンは以下になります。

・アコム
・プロミス

上記2つのカードローンでは初回の契約後に最大30日間の無利息期間があります。30日以内に完済することができれば、例えば10万円借りようと、50万円借りようと、利息の負担は0円です。

「利息の負担をかけたくないから友人や知人に借りようと思っていた」という方にとっては、消費者金融系カードローンも選択肢に入れてもよいのではないでしょうか。

まとめ

お金を借りたいという方でも、「いくら必要なのか」、「どのくらい急いでいるか」など状況はさまざまかもしれないので、一概に「この方法がベスト!」とはなかなか言い切れません。

しかし、多くの人が実際に利用でき、かつ比較的デメリットが少ない方法が消費者金融系カードローンといえます。

消費者金融系カードローンは曜日にかかわらず毎日朝から夜まで電話オペレーターが対応しています。自分の今の状況に合ったお金の借り方が出来るかどうか、まずは相談してみてはいかがでしょうか。