即日融資の審査

即日融資の審査は何を見られる?審査が甘い消費者金融ってあるの?

急な出費でお金が必要になり、消費者金融で即日融資を受けたい場合、審査で見られるポイントはどこなのでしょうか?、また、業者によって審査の仕方が違ったり、審査の難易度なども変わったりするのでしょうか?

今回は、消費者金融で即日融資を受ける場合の審査についてご紹介していきます。

審査の見られるポイント

即日融資の審査は何を見られる?消費者金融で融資を受ける際に審査でみられるポイント

即日融資の審査の際は、即日融資でない場合の審査と見られるポイント自体は変わりません。
主に審査で見られる点としては、「勤務先」「勤務先の規模」「収入」「結婚しているか」「持ち家か」「他社の借入金額」「希望の借入金額」「過去に延滞などがないか」などのポイントを見られます。

審査が通らない場合というのは、「毎月返済していく力があるか?」「約束を守ってくれるか?」の何れかに信用が持てない場合です。

勤務先や収入面を見るのは、勤務先の規模が小さい場合や収入額があまりにも少ない場合は、毎月返済をしていける経済力があるかどうか信用が持てなくなるためです。

結婚しているかどうか、持ち家かどうか、を確認するのは、結婚している場合や持ち家を持っている場合の方が社会的信用も高くなり、様々な協力者や家を買ったという実績があり信用できるからです。

借入金額に関しては、他社を含め大きな金額を借りている人は、基本的に信用されませんので審査が通らない可能性が高いです。さらに「他社でも借りているのになぜ今回はうちなんだろう。他社ではしっかりと返済はしているのか」という点を確認していきます。

過去に延滞などがないかの確認に関しては、申告制ではなく、金融機関が見ることができる信用情報を元に判断されます。信用情報には、過去の延滞や借入履歴などが全て載っており、延滞や踏み倒しなどが仮にあった場合は審査に通ることはありません。ただし、消費者金融によっては融資が受けられる可能性もあります。(詳しくは:ブラックでも即日でお金を借りられる消費者金融ってあるの?)

利用していてもしっかりと返済している履歴がある人は、「約束を守ってしっかりと返してくれる人」というプラスな審査になることが多いです。
どんなに収入があったとしても、滞納などの事故歴がある場合は、まず通ることはありません。

「毎月返済していく力があるか?」「約束を守ってくれるか?」これらの条件をクリアしている人かどうかを審査では確認していきます。

どうしても審査に通りたいからといって、勤務先や収入などを嘘を書いてもバレてしまいますので、真実を書くことを心掛けましょう。

審査をスムーズに行うコツとは!?

以下の@〜Eのことに注意して進めることにより、審査をスムーズにより短い時間で終えることができるようになります。時間がない時や少しでも急いでいる場合は、これらのことをしながら注意して進めていきましょう。

@必要書類の事前準備

事前に本人確認書類と借入金額によっては収入証明書を準備しておきましょう。
本人確認書類は、運転免許証か健康保険証、もしくはパスポートです。

収入証明書は、借入金額が50万円を超える場合や、他社借入と合わせて100万円を超える場合に必要になり、最新の源泉徴収票か、直近1〜2ヶ月分の給与明細書か、最新年度の所得証明書か、最新年度の市民税・県民税額決定通知書の何れかを用意しておく必要があります。

申込みをした後に用意していくにはかなり時間がかかってしまいますので、事前に必要書類を手元に準備したうえで、申込みをおこなうようにしましょう。

A誤字脱字チェック

WEBからの入力の場合や郵送でのやり取りの場合、誤字脱字が非常に出やすいです。
誤字脱字があるだけで、最悪再審査となってしまい、二重に時間がかかってしまうことになります。後で後悔しないためにも、入力・記入ごとに必ず再チェックをするようにしましょう。

非常に多くの凡ミスが見つかり、多くの人が再度書き直し申込みが必要になります。

B借入金額を低くする

借入金額が高くなると審査に時間がかかってしまいます。これは、審査自体にも時間がかかる可能性があることと、収入証明書を準備しないといけなくなるため、その時間も余計にかかってしまいます。どうしても必要な金額であれば、仕方がありませんが、極力借入する場合は、最低限の低い金額で利用するようにすると、返済もラクですし、審査・融資までの時間も最短で済ませることができます。今一度、何に使うお金なのか?を整理し、最低限の金額のみ借入するようにしましょう。

C午前中の早い時間に申込みをする

遅い時間に申込みをしてしまうと、即日融資も受けれなくなる可能性が出てきます。
誤字脱字や必要書類漏れなど不測の事態の際に、余計に時間がかかってしまいますので、申込みの際は、朝一に済ませると良いです。審査に関しても、申込み者が多くなる午後以降の方が時間がかかってしまいますので、必要な際は、午前中の早い時間帯に申込みをするよう気をつけましょう。

D店頭・自動契約機で申込みする

WEB入力だと時間がかかります。極力短い時間で融資まで終えたい場合は、店頭まで行くようにしましょう。もしくは自動契約機を使って申込みをするようにしましょう。そうすることで、審査時間も短くなりますし、融資までの時間も短く済みます。

E在籍確認を書類で済ませる

勤務先に本当に勤めているかどうか、または、勤務先が本当にあるかどうかを確認するために、業者が在籍確認をおこないます。通常は電話でおこなうのですが、書類で在籍確認をすることもできますので、給与明細書や社員証などの書類で在籍確認までを済ませると、電話をして確認する時間のロスがなくなります。また、勤務先へ連絡したは良いものの休みで人がいない場合などもあります。そんなときにも書類による在籍確認はとても便利です。

>>即日融資の詳しい手順はこちら

審査が甘い業者は怪しい!?

通常、審査の甘い業者というのはありません。

大手消費者金融のアコムやプロミス、モビットなども、何れもしっかりとした審査をおこないます。借入金額や収入の状況などを元に返済能力がないと判断された人には融資はしないのです。

そういった方でも融資を受けることができる審査が甘い業者などがあれば、それは怪しんで間違いないでしょう。ほとんど審査をせずに、通常であれば融資できない人を対象に高金利で融資をしている業者な可能性が高いです。そういった高金利の業者からお金を借りてしまうと、たちまちすごい利息となり、火だるま式に借金が増えていってしまうリスクがあります。

そのため審査基準が甘いというだけで名前も聞いたことのないような業者を利用することはやめておきましょう。

大手消費者金融のアコムやプロミス、モビットなどでも審査が通らなかった場合は、別の人で再度申込みしてもらうなどの申込み方法を変えるか、申込み自体を諦めるかしかありません。
消費者金融よりも甘い審査というものは基本的にはない、ということは認識しておいた方が良いでしょう。

誰でも審査が通る訳ではありません

審査の結果、残念ながら融資を受けることができない人もいます。

少しでも早くスムーズに即日融資を受けたい場合は、必要なものの事前準備などをしたうえで、審査を進めていくと、スピーディに終わる可能性が高いです。

また、審査基準が甘い業者などはありませんので、キャッシングなどを利用であれば、アコムやプロミス、モビットなどにどうやったら審査が通るか、を考えるようにしましょう。

安易に審査が緩いという理由で知らない業者に手を出すことは危険です。